泣けるスライドショーの作り方 初心者へ向け 作成の基本とプラス2のコツ

 こんにちは、じぷたです。

 

 以前、ビデオよりもスライドショーが感動できるっていう記事を書きました。

 

 あれから我が家ではさらに2本作成しまして、試してみた技法でよかったものを「基礎編」と「プラス2のコツ」という形でお知らせしたいと思います。

 それでは参りましょう。
 スライドショー作成の基本とプラス2のコツ、スタートです。

 

1 基本編

(1)誰の為に作るのか? 
誰がどんな場面で視聴するのか確認する
 

 このスライドショーを見るのは誰で、どのようなシュチエーションで見るのでしょうか。最初に考えるべきはこの部分です。

 

  一般的には・・・
①卒業式の謝恩会で恩師や保護者が見る
②部活やスポ少の引退セレモニーで児童生徒が見る
③結婚式の余興として新郎新婦と参列者が見る
④実家に住む祖父母が孫の活躍の様子みる
といったパターンが多いかと思います。

 

 スライドショーを作り上げるには、選択と決定の連続をクリアーしていく必要があります。
 例えば写真の枚数も1曲に60枚程度の写真を張り付ける必要があります。※ゆずの「虹」を使用した場合。

 2曲10分だと120枚の写真を使用することになります。デジカメで沢山のショットを取っていると思いますが、その中でどれを選ぶかは結構大変です。

 アングルやピント等の写真の良さだけでなく、誰が映っていて、誰が映っていないか、仲間内で映っている回数が均等になるように調整することも重要です。

 選択の基準を決めておくと判断が楽になりますし、なにより作業が早く進むようになります。

 

 選択の基準として「誰のために作るのか」を確認しておくことが必要なのです。
 そうすることによって感動を呼ぶスライドショーを作ることができるはずです。「視聴者ファースト」ってことでしょうか。
 そのためにも、誰がどんなシチュエーションで視聴するのかを改めて確認しておく必要があります。
 

 

(2)構成を練る

全体構成は2曲10分2部構成 後半はメッセージを挿入する

 

  さて、次は構成についてです。
 時間的には10分程度が適切かと思います。15分を超えるとダレるのでやはり10分程度で曲数は2曲程度が丁度良いと思います。

 注意点としては1曲目と2曲目の印象が変わるように選曲することです。テンポが変わる、歌手の性別が変わる、曲調が変わるといった具合に変化をつけてみてください。

 

 そうすると構成も必然的に2部構成となるのが自然です。
 第1部(1曲目)はこれまでの活動の様子を時系列にならべていき、第2部(2曲目)ではお礼やメッセージを文字で表示するような構成だと見ている人もしっくりくると思います。

 スライドショーに使う写真をえらんでから本人にメッセ―ジをもらう場合と、メッセージを貰ってから写真を選択する場合と両方あります。

 ほとんどは行きあたりばったりで作っても大丈夫ですが、山場だけは写真、音楽、コメントをどのように配置するか、構想を練って作成にあたる方が、全編行き当たりばったりで作るよりも良作となることは間違いありません。

 最初は写真を時系列で並べていくと作りやすいですし、時系列の中で一番大きな行事や大会の写真を曲のサビに合わせて配置することを意識するだけでも、作品の印象はとてもよくなると思います。

 

 「構成を練る」というと難しそうな印象がありますが、意識するだけでも大丈夫です。心の片隅で覚えておいてもらえれば十分です。

 

 

(3)写真の選択 
表情から気持ちが読み取れる写真は良い写真 しかし個人情報保護には注意が必要です。

 

 表情豊かな写真をたくさん使用するとスライドショーの「泣き度」がアップします。
 望遠レンズを駆使して、驚いた顔、集中している顔、笑顔など、記念撮影で取れない表情をスライドショーへ差し込みましょう。
 

 ただし、肖像権の問題や個人情報の問題もあります。顔がアップになる写真を撮る場合には、事前了承をとることや、撮った後で了承を得るなど、適切な対応が必要です。

 じぷたの場合は、年度初めの会(例えば学級懇談会等)で撮影の了承を得るようにしています。すべての保護者がいない場合でも、とにかく全体で了承してもらっておいて、欠席だった保護者には後日了承をとるようにしています。

 それから被写体となった本人が嫌がりそうな写真は、ナイスショットだったとしても使わないようにするのも大事です。
 視聴者に感動を与えるのが目的です。視聴者が不愉快にならないように配慮しましよう。

 

 

(4)音楽の選択
選曲の基本は爽やかさのある曲 困ったときは、ゆず◎

 

 バックに流れる音楽は感動できるかどうかに大きな影響があります。
 こればっかりは作成者のセンスによるところが大きいですが、暗いドヨーンとした曲よりは爽やかさのある曲がよろしいかと思います。

 

 しかし、スライドショーといえば保険会社のテレビCMでも使われている小田和正さんの曲を思い出す人も多いと思います。
 透明感があって、誠実さを感じさせる素晴らしい声ですが、曲調として爽やかかといわれると判断に迷うところです。

 そういう意味では爽やかさの有無は重要な指標ではなく、心を揺さぶるような曲なら何でも良いのかもしれませんね。

 

 参考までに我が家で活用した曲をいくつか挙げておきます。

『君に贈る歌~song for you~』(シェネル)
『手紙~愛するあなたへ~』(クリスハートのカバー版、※原曲は藤田麻衣子)
『love so sweet』(嵐)
『happiness』(シェネル)
『卒業写真』(ハイファイセット)
『虹』(ゆず)

といったところです。

 

 ちなみに困ったときは、ゆずを使えば大丈夫だと思います。『虹』に限らず、スライドショーにぴったりな曲が多くあります。
 『またあえる日まで』『友達の唄』『サヨナラバス』等々。なんでもござれです。

 

 きっと、明るい曲調で歯切れのよいサウンド、ストレートで感情を揺さぶる歌詞、そんな「ゆず」の特徴がスライドショー向きなのではないかと思います。

 

 ここまでが基本編です。
 ここから先はコツの部分。

 

 

2 プラス2のコツ
(1)人が映っていない写真を挟む

 

 スライドショーではお気に入りの写真をドンドン詰め込んでいくことが多いと思います。

 それはそれでよいのですが、節目のところに、これから先のことを予想させる風景を挟むと、視聴者は心の準備ができるので、映像に落ち着いた印象を持ってもらえると思います。

 

 例えば、卒業謝恩会用のスライドショーであれば冒頭に校舎の遠景を入れたり、エンディングの少し前に校舎内の何気ない風景を挟むと効果が大きいです。

f:id:gogojiputa:20181106215928j:plain

卒業後の未来へ向かっていく感じを表現したくて使用した写真

 

 野球のスポ少や部活であれば、無人の夕日のグランドなども良いと思います。
 また、運動部がいつも使っている水道でさえも、思い出を引っ張り出すアイテムとして考えれば良い写真となります。

 

f:id:gogojiputa:20181104231659j:plain

いつも使っていた水道の写真

 例で乗せた写真が完璧なわけではありませんが、こんな感じで無人の写真を挟むとスライドショーに深みが出ると思います。

 

 (2)後ろ姿から感情が伝わる写真を使う

 

 じぷたと嫁がスライドショー作成を始めた頃の話です。
 音楽もたくさんの候補の中から選び抜き、写真も厳選してようやく完成した試作品を二人で見ておりました。
 その時、気付いてしまったのです。
「あれれー、アングルが同じだよね(名探偵コナン風)」

 表情が読み取れる写真を選んだ場合、同じアングルの写真が多くなってしまう傾向があります。
 同じアングルだらけだと、やっぱり面白さが激減します。

 なぜ、面白さが減ってしまうのか。それは視聴者が思いをはせる部分が少ないからだと思います。

 つまり、考えなくても感情がストレートに解ってしまう、ってこと。
 では、どうするか。

 

 真横や後ろ姿の写真を時々挟むと具合が良いようです。

 

f:id:gogojiputa:20181104235600j:plain

表情は見えませんが、きっと超真剣なのだろうと思います。

 
 

f:id:gogojiputa:20181104233738j:plain

仲良し感をだしたくて使った写真

 こちらについても例が100点と言うつもりはありません。
 こんな感じで後ろ姿をいれてみると、「真剣な様子」や「仲良し感」が表情をみるよりも伝わるのではないでしょうか。

 仲良し感だけではなく、「悔しがっている感じ」や「将来へのファイトを燃やしている感じ」も、横顔や後ろ姿から伝わることがあると思います。

 表情が見えないということを恐れすぎる必要はないですので、ポイント、ポイントで後ろ姿や横顔の写真を挟むと良いと思います。

 

 後ろ姿は特に伝わるものが多くあるので、じぷたは好きです。
  

 

 

3 まとめ 
まずは作ってみよう!

 

 最後にまとめです。
 いろいろ書いてきましたが、まずは試作でも良いので作ってみることが大事です。

 作ってみると、それがたとえ3分の試作品だったとしても、スライドショーの良さ、作成の楽しさがわかって頂けると思います。

 まず、作ってみる。
 お時間のあるときに是非やってみて下さい。新しい趣味となる可能性さえ秘めていると思います。

コメント

タイトルとURLをコピーしました