2021-01

さだまさし

さだまさし『案山子』についての考察 「松の木の精」&さだまさしのコラボ説

『案山子』には兄弟の物語が描かれています。それに併せて、故郷から都会へ出た「若者」に対するさだまさしの思いが、「松の木の精」の視点を通して語られています。「兄弟説」に「松の木の精」の視点が付け加えられている、というのが私の解釈です。
タイトルとURLをコピーしました