2019-03

雑記配信

「Iターン」という言葉が許せない どう考えてもターンしてないじゃん

 さて、みなさんの中にも、いわゆる田舎暮らしにあこがれる方は、きっと多いと思います。  本屋に行けば、沢山の雑誌を見ることができますし、テレビでも田舎暮らしを満喫している方の様子が放映されたりしています。  インターネットのコン...
さだまさし

さだまさし『つゆのあとさき』についての考察 歌詩の才能が非凡すぎる  

彼女は別れを切り出た「僕(彼氏)」に対して「幸せでした」「ありがとう」「忘れない」と伝えました。彼女は「僕」との親しい付き合いに対して、満足していたことを伝えています。その後、自分が至らなかったことについて「ごめんなさい」と告げています。
タイトルとURLをコピーしました