さだまさし

スポンサーリンク
さだまさし

さだまさし『案山子』についての考察 「松の木の精」&さだまさしのコラボ説

『案山子』には兄弟の物語が描かれています。それに併せて、故郷から都会へ出た「若者」に対するさだまさしの思いが、「松の木の精」の視点を通して語られているのだと思います。「兄弟説」に「松の木の精」の視点が付け加えられている、というのが私の解釈です。
さだまさし

「さだまさし」の正しい理解のために ~さだまさしのちから~

「さだまさし」への世間の評価が作品の質の高さのわりに評価されていない、ってことです。ファンとしては、もう少し世間的に正しく理解され、音楽としての良さを楽しんでいただきたいと思い、この記事を書くことにしました。さだまさしには黄金期と呼ばれる時期があります。
さだまさし

さだまさし『空蝉(うつせみ)』についての考察

老夫婦は駅にやって来ては息子を待つ、という生活を続けています。この日も、おむすびをもってきていることから終日待ち続けるつもりなのでしょう。夕暮れまで待ち続けたものの結局息子が駅に降り立つことはありませんでした。
さだまさし

さだまさし『つゆのあとさき』についての考察 歌詩の才能が非凡すぎる  

彼女は別れを切り出た「僕(彼氏)」に対して「幸せでした」「ありがとう」「忘れない」と伝えました。彼女は「僕」との親しい付き合いに対して、満足していたことを伝えています。その後、自分が至らなかったことについて「ごめんなさい」と告げています。
スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました