松江市に宿泊するなら おすすめはホテル白鳥 施設も新しく朝食も二重丸

ホテル白鳥ロゴ

 こんにちは、じぷたです。

 

 以前の記事で、地元のビジネスホテルへ泊まりに行くことについて書きました。
 今回は、実際に泊まりにいったホテルのレポートです。

宿泊先はこちら

 宿泊したのは「ホテル白鳥」。
 数年前に建て替えられて、とてもきれいなホテルになりました。

f:id:gogojiputa:20190606045128j:plain

ホテル白鳥の外観

 

 

 設計デザインはシンプルで好感が持てます。
 重厚感は控えめですが落ち着きがあり、近代的ですがポップ感は無く、結婚式場としても恥ずかしくないたたずまいです。

 実際に結婚式場として営業的にも力を入れておられるようで、ウェディングフェアを開催したり、相談カウンターを設けておられるようでした。

 

 

ロビーの様子

f:id:gogojiputa:20190606050140j:plain

ロビーの様子 奥にはレストランがあります。

 写真はレストランに向かっての方向ですが、写真ほど暗くはありません。
 写真が暗いせいもあり、観光パンフレットが余計に野暮ったい感じがでてしまいましたが、実際にはそれほど気になりません。

 

f:id:gogojiputa:20190606051232j:plain

待ち合わせスペースの様子

 チェックアウト前にとった写真で、朝日が入っています。
 自然光でロビーが照らされるので、穏やかな雰囲気があります。採光が良く考えられた設計だと思います。

 

 結婚式場として使用する場合でも、自然光が入ることによってハッピーさが2割増しだと思います。今回は結婚式とは関係のない利用ですが、感じの良いロビーでした。

 

 

部屋の様子

f:id:gogojiputa:20190606052234j:plain

部屋の様子

 こちらはシングル室内の様子です。
 建物自体が新しいこともあり、清潔感があります。もちろん変な臭いもありません。茶色を基調にしたモダン&シンプルで良いデザインです。

 

f:id:gogojiputa:20190606052534j:plain

氷を入れる箱?もありました。心遣いがうれしいです。

 室内の調度品はきちんとしたものが採用されているようで上品さがあります。

 

 

朝食バイキングは特におすすめ

 

f:id:gogojiputa:20190606054950j:plain

朝食バイキングの様子 

 

 ホテル白鳥では800円で朝食バイキングを摂ることができます。
 これが美味しい!

 

 注目は生卵、牛乳、出雲蕎麦です。

 生卵はきちんとした施設でないと朝食バイキングには出てきません。
 さらに牛乳。成分無調整の本物の牛乳です。
 この二品は、衛生面とコスト面から安価なホテルでは提供されないことが多いですが、ホテル白鳥は違います。

 

 そして出雲蕎麦。
 じぷたは蕎麦好きなので問答無用で嬉しいですが、そうでない方でも、食べ逃した方もいることでしょうから親切ですよね。

 専門店ではないですし、バイキングなのでノビてしまっていることはあると思いますが、出立される前に名物を少しでも味わってもらいたいというのは、良い心遣いだと思います。

 

f:id:gogojiputa:20190606055155j:plain

ホテルの専用醤油 美味いです。

 写真の他にもメニューはあります。
 品数はそれほど多くありませんし、特別に珍しいものもありません。しかし、味も良好ですし、全体としてきちんとしたものが提供されていると思います。

 「珍しくはないが、きちんとした食事」というのは、実はとても難しいはず。コストが掛かる割に利用者へのアピールが少ないので経営的には面白くない部分だと思います。

 コスト高で宣伝効果が薄いという二重苦にもかかわらず、きちんとしたバイキングを提供していることに経営者の誠意を感じます。小さい子どもをつれていると、食事に気を使いますが、安心して食べさせることができました。

 

まとめ

 ホテル白鳥はきちんとしたホテルです。
 明るくてデザインの良い施設、安全で美味しい食事。これらをお手頃な料金で提供しているところが素晴らしいです。
 子ども連れでも安心できるホテル、それがホテル白鳥。

 松江においでの際は、ぜひ利用してみて下さい。

コメント

タイトルとURLをコピーしました