批評

スポンサーリンク
さだまさし

さだまさし『空蝉(うつせみ)』についての考察

老夫婦は駅にやって来ては息子を待つ、という生活を続けています。この日も、おむすびをもってきていることから終日待ち続けるつもりなのでしょう。夕暮れまで待ち続けたものの結局息子が駅に降り立つことはありませんでした。
さだまさし

さだまさし『つゆのあとさき』についての考察 歌詩の才能が非凡すぎる  

彼女は別れを切り出た「僕(彼氏)」に対して「幸せでした」「ありがとう」「忘れない」と伝えました。彼女は「僕」との親しい付き合いに対して、満足していたことを伝えています。その後、自分が至らなかったことについて「ごめんなさい」と告げています。
スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました