この URL では AdSense にお申し込みいただけません。 何とかならないのかな?

アドセンスURL

 こんにちは、じぷたです。

 

 はてなブログをproにしてから1か月がたちました。
 そろそろカスタマイズを進めていこうと思いまして、キーワードリンクを外したり、お問い合わせ先をメニューに加えたり、ちまちまと進めていました。

 

 グーグルアドセンスにも興味がでてきました。
 審査だけはクリアーしておけば、貼りたいと思ったときにすぐできると考えて申請なんかしてみたのですよ。ぽちっとするところまでは。
 

 ところがですね・・・申請ができないんですよ。じぷたったら。
 申請のアイコンをクリックしたところ「この URL では AdSense にお申し込みいただけません。」と表示されて、ひたすら申請を弾かれてしまうのです

 

 グーグルアドセンスに興味の無い方に説明しておきますと・・・
 グーグルアドセンスとは、広告をブログに張り付け、その広告が第三者にクリックされたときに、ブログ執筆者にお礼が振り込まれるシステムです。

 グーグルさんへアドセンスに参加したい旨を連絡すると、ブログの内容が審査されて広告を張る価値があるかどうか判断されます。
 グーグルからブログにお墨付きがでると、執筆者が指定した場所にグーグルが良さそうな広告を見繕って貼ってくれるということらしいです。

 

 「らしい」というのは、自分はその段階へたどり着いていないからです。
 

 

 さて、審査を受けて落ちるなら対応のしようもあるのですが、審査を受けることすらできない、まさに門前払いを受けているのが今の状態なのです。

 しかも、この状態を打開する方法というのは「無い」らしいのです。
 なんとびっくり、びくの助。 

 

 本当にびっくりですね。なんでもグーグルさんも対処方法を把握できていないとか。久々に「まじかよ」って思ってしまいました。

 

 じぷたもネットで調べました。
 ブラウザを変更するとよいとか、トップドメインが「.com」だと良くないだとか、言われていましたが、どれも正確な情報ではなく、結局「待つしかない」という結論のようです。

 「待つのが最善」ではなく「待つしかない」という困った事態に直面しているわけですが、とりあえず、記事を書きながら待つことにします。 

 

 この記事を書いた理由。
 それは「じぷたがアドセンスの申請を弾かれて困っている、ということをグーグルさんに知ってもらいたい」からです。

 

①グーグルさんはあらゆるサイトをパトロールしているらしい。
②優良なサイトの検索順位を上方修正するためらしいので、パトロールについては多分真実である。
③よく言われる情報として、アドセンスの申請が弾かれる人は1か月程待つことで申請を受理されることがある、ということ情報が広まっている。
④なぜ「待つだけ」で状況が打開されるのか。
⑤パトロールに来たグーグルさんは「個別の困った状況を把握して、修正をしてくれている」のではないか。
⑥ならばグーグルさんにじぷたが困っていることを早く知ってもらうことが重要だ。
⑦パトロールに来た時にすぐに困っていることに気づいてもらえるように記事に書いてみよう!

 

 という理由で記事にしてみました。

 

 グーグルさん! じぷたはアドセンスの申請が弾かれて困っていますよーー。

 

 伝わったかな。

 

 とりあえずアドセンスの申請が弾かれなくなったら報告します。
 

 

 

 

雑記配信
スポンサーリンク
じぷたをフォローする
スポンサーリンク
じぷた通信社

コメント

  1. sanryuvocalist より:

    じぶたさんいつもお世話になっております!
    アドセンスの審査は年々厳しくなっているそうですね。
    ウチは数年前前に別サイトで申請をパスしてたので流用できるはずだったのですが、いざ稼働したら広告がまったく表示されない!
    調べるとどうやらYouTube動画等は公式以外は使用できないそうで、それが原因と踏み昨夜スタッフ総出で慌てて削除しました。大幅に動画が減ってしまい記事もこれから大幅に変更しなければです。(^^;
    大変ですが、お互いアドセンス対応頑張りましょう!(^_-)-☆

  2. sanryuvocalist より:

    じぷたさん、すみません。名前を打ち間違えてしまいました!!(^^;

  3. gogojiputa より:

    id:sanryuvocalist
    歌唱力判定委員会さん、コメントありがとうございました。
    実はじぷた通信社へのコメントは歌唱力判定委員会さんが初めてなのです。
    嬉しかったのですぐに返信したかったのですが、やり方がわからなかったので、後にしようと思ったところ、あっという間に時が経ってしまいました。
    今回、返信の仕方を調べたら、ちょちょいのちょいであることがわかりました。すぐにやればよかったと思う次第です。ごめんなさい。
    歌唱力判定委員会さんの記事、いつも楽しみにしています。メジャーどころでも、よくある視点だけではなく、ちょっと違う視点からの分析があったりして、とても楽しいし参考になります。
    これからもよろしくお願いします。

タイトルとURLをコピーしました