うつせみ

スポンサーリンク
さだまさし

さだまさし『空蝉(うつせみ)』についての考察

老夫婦は駅にやって来ては息子を待つ、という生活を続けています。この日も、おむすびをもってきていることから終日待ち続けるつもりなのでしょう。夕暮れまで待ち続けたものの結局息子が駅に降り立つことはありませんでした。
スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました