じぷた通信社

絵本紹介 吹奏楽・クラシック・JPOPの名曲紹介 子どもと保護者の成長応援

ビデオより写真 そしてコンパクトデジカメより一眼レフ 

 暑い暑い夏が終わって、季節は秋。


 すでに運動会は終わっているところが多いと思いますが、子ども達は学習発表会にむかって準備を始めています。

 

  我が家の三人の子どもたちは中学校、小学校、保育所の3つの運動会へそれぞれ参加しました。
 必然的に保護者として3回運動会を見に行ったわけです。


 2学期は学習発表会的なものもそれぞれにありますので、これも3回見に行きます。嫌いではないのでむしろ楽しみです。

 

 

 行事のときに思うのは、多くのお母さん方は客席で競技や劇の様子をリアルに見ながら応援したり、眺めたりしています。父さん方は後方に陣取ってビデオカメラを回し続けています。


 このビデオというのが曲者で、撮ってる間は離れられない。
 回しっぱなしにもできるが、そうすると自分の子をアップでとることができない。
 よそのビデオに音声を拾われてしまうと迷惑をかけるので、お父さん仲間での会話もあまりできない。

 ビデオというのは、長時間にわたる「専念」を必要とするシビアな機械なのです。

 

 

 じぷたの家庭では長男が誕生してもビデオを導入しませんでした。
 当時は「ビデオはどうせ見ないからなー」というのが理由でした。

 手ごろなビデオカメラが手元に無かったというのもあります。
 我が家では写真機(言い方古すぎですかね)を使って子どもたちの記録を残してきました。

 ビデオと比べると、
1 写真機は良さそうな場面の時だけ作業するので、撮影する時間以外は写真機を下ろして競技等を楽しむことができる。
2 音声を気にする必要がない。
3 ビデオのように撮影場所にこだわる必要はなく、また固定する必要もない。
4 写真機はストーリや競技の流れを追う必要がないので気が楽。
 以上のような特徴があります。

 

 でもね、写真機にはもう一つ最大の特徴というかメリットがあるんです。
 それは・・・ナイスショットだけを記録として残すことができるってこと。

 

 ビデオだと一定の時間、撮り続けることになります。面白いシーンが連発していればよいのですが、そうもいかないのが現実です。

 でも写真なら、よい表情、良いアングルとか、いわゆる「良い写真」のみ現像したり、アルバムに挟めばOK。後から見ても楽しいです。

 これから子育てを始める方々に言いたい。「ビデオより写真!」これは絶対おすすめです。

 

 

 ちなみにじぷたの家では1年ほど前から一眼レフの写真機を購入しました。

f:id:gogojiputa:20180805171008j:plain

 これがその写真機です。

 

 普通のレンズと望遠レンズがセットでついているものを購入しました。
 これがですね、ほんとにイイ。いやマジで。


 校庭の向こうにいる我が子の笑顔、友達と自然に語らっている様子、ピンボケなど皆無の走る姿、暗がりで裏方をやっているところだって撮れます。
 いままで撮れなくてあきらめていたシーンがことごとく撮れます。

 

 それでいて簡単。
 むしろこれまでのコンパクトデジカメの方が工夫が必要なくらいです。
 しかもグリップ部分が自然な位置にあり(つまり握りやすい)、重さが適切なので手振れもないです。手がぶれてないのが自分でわかるぐらい安定しています。

 

 

 初めてのお子さんが生まれる方なんかは、最初から一眼レフでもいいです。なんせ最大の特徴は写真が超絶きれいなとこですから。比べたらすぐにわかります。

 

 金額以外にデメリットは一切ありません。
 しかし入門モデルでも能力的にはコンパクトデジカメと比べて圧倒的ですし、機能は完成しているので型遅れでも中古でも問題ありません。コストの圧縮は十分可能です。

 

 「ビデオより写真」「コンパクトデジカメより一眼レフ」、この2つを本当におすすめします。ぜひお試し下さい。