じぷた通信社

絵本紹介 吹奏楽・クラシック・JPOPの名曲紹介 子どもと保護者の成長応援

クリスマスに聴きたい誰も知らない名曲 楠瀬誠志郎『雨の日も風の日も』と『Boys be Ambitious』

f:id:gogojiputa:20181215113733p:plain

 

 

 こんにちは、じぷたです。

 

 クリスマスまであとわずか。世間はクリスマスの準備に大忙しのことと思います。
 我が家では多忙を極めているサンタさんに成り代わり、おもちゃ屋さんで任天堂スイッチをこっそり購入しました。

 こっそりっていっても、子どもたちは薄々察知しているわけですが、三男さんだけはまだ4歳なので気づいていません。

 

 クリスマスといえば、日本人にとっても世界中の人にとっても一大イベントですが、雰囲気を盛り上げるために、昔からクリスマスソングというものがあります。
 日本の小学校でも歌われるような『ジングルベル』や『もみの木』といった伝統的?な曲もあります。

 

 一方、ポップス的クリスマスソングというものもあります。
 定番なのは山下達郎さんの『クリスマス・イブ』、 ワム (Wham!)の『ラスト・クリスマス』なんかですよね。

 

 ちなみに山下達郎の『クリスマスイブ』は1983年、ワムの『ラスト・クリスマスイブ』1985年の作品です。
 ポップスの範疇ではありますが、30年以上も人々から愛されている曲となると、もはや「伝統的」という言葉を使っても良いほどの名曲といえるでしょう。

 

 この他にも多くのアーティストがクリスマスソングをリリースしています。
 それほどにクリスマスムードを盛り上げる音楽を、多くの人が欲しているからだろうと思います。

 

 さて、バブル期ほどではないにしろ、世間はクリスマスが近くなってくると「クリスマスチック」で「心温まる」ような曲を聴きたくなるのだと思います。
 いわゆる定番と呼ばれる曲は、曲として素晴らしいものなので、聴衆をひきつける力が圧倒的に強いわけですが、「新鮮さ」という点では、さすがに少々弱いです。


  そんなわけで、ちょっと雰囲気を変えるためにも、定番ではない曲を私のおすすめという形でお知らせしたいと思います。

 

 題して、「クリスマスに聴きたい誰も知らない名曲」です。
 それでは行ってみましょう。

 

 私のおすすめは、楠瀬誠志郎さんの『雨の日も風の日も』です。

 

 ちなみに先ほどインターネットで「せいしろう」を検索したら、加藤 清史郎さんが最上位に表示されました。子ども店長おそるべしですね。

 

 楠瀬誠志郎さんは、80年代後半から90年代の後半をピークに活躍したシンガーソングライターです。
 郷ひろみさんに提供された『僕がどんなに君を好きか、君は知らない』が有名ですが、その他にもドラマの主題歌に使用された『ほっとけないよ』、『しあわせまだかい』なども有名です。

 

 私が楠瀬誠志郎さんに興味をもったのは、自分が浪人時代にCMソングとして使用された『とっておきの季節』を聴いたときでした。
 活舌が良くて、音程も良くて、湿り気がありながらもストレートな声質に併せ、トロンボーンを吹く自分にはホーンアレンジが心地よくて、気が付いたらアルバムを買ってました。

 

 アルバムは「素晴らしい恋をしよう」というタイトル。これまた声質に負けないくらいのストレートなタイトルです。

 

 収録曲は佳曲ぞろい。『とっておきの季節(とき)』を目当てに購入したのですが、『Boys be Ambitious』、『君と歩きたい』なんかも、とってもいい曲です。

 ちなみに『Boys be Ambitious』は、子どもの頃から想いを寄せている彼女へのメッセージがテーマなので、幼馴染と付き合っている方(もしくはその経験がある方)には萌えの燃料になること必至です。ちょっと胸が痛くなっちゃうかも。

  ただ、子どもの頃の心情描写が、少々理想的過ぎて好き嫌いが分かれところは否めませんが・・・。それでも、とっても良い曲です。

 

 

 おっとテーマは『雨の日も風の日も』でしたね。話を中心テーマに戻します。

 
 

『雨の日も風の日も』
 作詞:松尾由紀夫 作編曲:楠瀬誠志郎 ストリングアレンジ:十川知司
 アルバム「素晴らしい恋をしよう」に収録

 

 少々寂し気な前奏から始まりますが、ストリングスが心情を徐々に高めていきます。


 登場するのは既に恋人関係である二人なのですが、穏やかに愛をはぐくんでいる様子が歌詞から伝わってきます。愛しい相手へメッセージを伝えるのがこの曲のテーマです。


 間奏部分はストリングスのアンサンブルなのですが、ストリングスを使用することによって、二人の愛の形が正当なものであることを感じさせてくれます。

 

 今回の記事には歌詞を引用しません。
 なぜなら、『雨の日も風の日も』は『Boys be Ambitious』のアンサーソングだと考えられるからです。
 できますれば、クリスマスという機会に彼氏さんや彼女さんと、またはお連れ合いさんと2曲を聴き比べていただき、ほんのりと良い気分になっていただけたらと喜びます。

 

 テレビや映画もいいですが、じっくりと音楽を2人で楽しむのも味があるものです。歌詞の意味や隠しテーマなんかをカップルで楽しむと、男女の思考の差や、好みの違いも分かって楽しめます。

 クリスマスに聴きたい誰も知らない名曲 
 楠瀬誠志郎『雨の日も風の日も』。そして併せて『Boys be Ambitious』。

 

 よかったら聞いてみて下さい。