名作絵本紹介 おすすめは『しょうぼうじどうしゃ じぷた』

 今回のテーマは、絵本『しょうぼうじどうしゃ じぷた』です。

 

 あらすじ

 ある消防署にはしご車のノッポくんと、高圧車のパンプくんと、救急車のイチモクさんがいた。それぞれが、先日あった火事での活躍ぶりを自慢している。その消防署にはもう一台、ジープを改造した小さな消防車じぷたがいた。

 じぷたは、ノッポくんやパンプくんやイチモクさんが話す自慢話を聞いて、自分には活躍した実績がないことを引け目に感じている。自分だって大火災の時に出動できれば、もっと活躍できるという思いを持つ一方、仲間と一緒に並ぶと、いかにも自分がちっぽけに思えてしまう等、自分に自信を持てないでいるじぷただった。

 ある日、山小屋が火事になった。狭くて曲がりくねった道を進める消防車はじぷたしかいない。署長はじぷたに出動を命じる。じぷたは現場に急行し山林への延焼を食い止めた。
 後日、じぷたは新聞記事でその活躍が紹介された。じぷた2号機も配備されることになった。それまでじぷたを馬鹿にしていた子供たちも「ちいさくてもすごく性能がいいんだぞ」とじぷたの存在をみとめるようになる。

       

 ざっくり言うとこんなお話しなのです。

 

f:id:gogojiputa:20180828232741j:plain

作:渡辺茂男 絵:山本忠敬 出版社:福音館書店

 

さて、この物語の名作ポイントを解説していきます。

 

1 絵の魅力がすごい

 消防車の剛性感や重量感、力強さ等が絵からひしひしと伝わってきます。梯子が回転したり軋む音まで聞こえるようです。

 全体を通して、人間はことさらに無表情かつ影が薄く表現されています。
 物語前半の大火災で、影の薄い消防士たちが無表情でミサイルのごとく放水する姿は、トラウマになること必至の名場面です。

 方向性はおいて置きますが、心を揺さぶられること間違いなしの画力です。

 

2 単純だが普遍的なテーマ

 自分を卑下してしまう気持ち、活躍の場面さえもらえれば自分だって活躍できるはずという気持ち。これらはだれでも、多かれ少なかれ感じた事があるものだと思います。描写が的確なので、子どもの頃はついつい主人公に感情移入してしまいました。
 自分に自信を持てないでいる子どもに対して、聞かせてあげたい気持ちになるお話なのです。

 ちなみに大人になってから読むと、適材適所の大切さを感じてしまいます。年齢が上がったことにより視点が署長よりになってしまうからでしょうか。
 

 番外編

 私がこのお話で一番好きなのは、本文を開いて1ページ目の見開きです。
 その見開きページには、街並みと消防署が描かれているのですが、人の気配がほとんどありません。しかし、消防署の火の見ヤグラには当直らしき署員がおり、町の様子を伺っています。

 「消防署の高いヤグラから人の気配がない街を監視する署員」
 この違和感なんなの、と叫びたくなるほど強烈な違和感。絵本の内容に関する絵なので、ここに掲載することができないのが強烈に残念です。
 チャンスがあったら是非見てみて下さい。この違和感は結構キマス。

 

 まとめ

 普遍的で子どもに読ませたくなるストーリー、トラウマになりそうな場面満載の挿絵、本当の名作です。

 子どもの頃の私は、この絵本が大好きでした。
 どれくらい好きだったかと言うと、どこへ遊びに行くにも持って行き、そしてなくしてしまい、ダダをこねて買ってもらう。何度か同じことをやってしまいました(お母ちゃん、ありがとう)。

 今でも好きです。自分のブログのタイトルに「じぷた通信社」ってつけてしまうくらいですから。

 

 数十年前の絵本ですが、現在でも本屋さんで新品が購入できます。これだけでも「本物の名作」であることの証明になると思います。

 

 よかったら読んでみて下さい。おすすめです。

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました